視聴アニメ感想2016年7月12日分

プリパラ
104話『LOVE!デビル色! 魔力があればなんでもデビル!』

プリパリからやってきためが兄ぃに注目するアイドルたち。
パラ宿の誕生222年を記念する新ブランドを応募することを語るプリパリめが兄ぃ。
期限は一週間後の正午であること。
審査員はあじみとコスモであることを。
あいかわらず勝手にすすめますね。とパラ宿めが兄ぃ。
2222年前から存在するプリパリこそプリパラの基準であると主張するプリパリめが兄ぃ。
そのころ幼いころみかんのためにコーデのデザインをする約束をしたことを思い返すあろま。
しかし審査員があのふたりでは。と。
それは言い訳だな。とシオン。
まっ。優勝するのはこのぼくだから。あろまが出ようと出まいと関係ないけどね。とドロシー。
そこまで言われては。と応募を決意するあろま。
がんばるなの。とみかん。
ガァルルも応援するがぁる。とガァルル。
そして控室の個室にこもってコーデのアイデアを練るあろま。
カレーうどん用の麺づくりを始めたみかんとガァルルの物音にきれる。
うるさいのである。と。
締め切り前日から徹夜で描き上げるあろま。
しかし寝ぼけてカレーうどんのレシピを持って受付場へ。
あろまのデザイン画が部屋にあることに気づくガァルル。
あの子はいったいなにを持っていったの。とネコ。
いそいでとどけるなの。とみかん。
ガァルルを背負ってプリパリTVまで猛ダッシュ。
いきすきがぁる。とガァルル。
急にいとまれないなの。となげくみかんからおてり着地。
あとはガァルルにまかせるがぁる。と。
しかし受付場を目指すも正午には間に合わない。
そのころ大量の応募作を高速度で審査していくあじみとコスモ。
しかし該当作品はなしと結論。
落ち込むあろま。
みかんたちから自分のデザイン画を提出していなかったことを知らされる。
泣き出して寝込むあろま。
しばらくして目覚めるあろま。
傍らで寝ているみかんとガァルルに気づく。
応募しようとしたデザインを見直すあろま。
これじゃあ。応募できたとして優勝はできなかったである。と。
みかんだけでなくガァルルにも似合うデザインをと新たに描き始める。
しばらくしてみかんとガァルルをおこすあろま。
ライブをするのである。と。
めが姉ぇに新デザイン画を見せる。
このデザインでライブをする。新ブランドとかは関係ないのである。と。
いいですよ。と許可するめが姉。
そしてラブデビコーデでステージに立つあろま・みかん・ガァルル。
あれがラブデビ。かわいい。とらぁら。
そして歌いはじめるあろまとみかん。
ガァルルを加えたメイキングドマを披露。
さらにサイリウムチェンジを成功させる。
あい。とよろこぶジュルル。
ジュリィになってあろまとみかんを神アイドルチャレンジのステージに導く。
そしてライブを成功させるあろまとみかん。
スーパーサイリウムコーデを手に入れて戻ってくる。
おめでとうがぁる。とガァルル。
しかしガァルルが。とあろま。
大丈夫。ガァルルも追いついて見せるがぁる。とガァルル。
ラブデビコーデのデザインほ気に入るあじみとコスモ。
女神ジュリィに認められたデザイン。しかし期限には間に合っていない。とプリパリめが兄ぃ。
いえ。まだ正午ではありません。とパラ宿めが兄ぃ。
プリパリの正午はこれからであることを。
それは屁理屈でーす。とプリパリめが兄ぃ。
プリパラの基準がプリパリであるといったのはあなたであると反論するパラ宿めが兄ぃ。
そしてラブデビがパラ宿222年の記念ブランドになることを発表。
おどろくあろま。
みかんとガァルルに祝福されてよろこぶお話。
あろまとみかんもスーパーサイリウムコーデを手に入れる展開。そつなくまとまっていて楽しめました。

次回はガァルルがメイン。ユニコンも久しぶりに登場するようです。

あにてれプリパラ ホームページ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Bunsui

Author:Bunsui
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ライブオン主題歌
ねぎぼうずのあさたろう主題歌
DVD1巻
DVD2巻
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
買い物なら