視聴アニメ感想2017年1月31日分

プリパラ
132話『ロッキン・ガァジラ大決戦』

神アイドルグランプリファイナルのトーナメント戦前日。
ガァルマゲドンの控室。
ひいたタロットカードの一枚を見るあろま。
なんじの敵を逆さにつるせ。と。
そして罠にかかってかかって逆さづりになるドロシー。
こんないたずらしたのはどこのだれだよ。と。
ドロシーを助けようとするレナオとシオン。
やってきたらぁらたちはおどろく。
どうしたの。とらぁら。
部屋の隅にあった箱に気づく一同。
箱から出てきたのはあろま・みかん・ガァルル。
こらー。おまえたちのしわざか。とドロシー。
逃げ出したあろまたちを追いかけるも見失うらぁらたち。
そのころ罠から解放されたドロシーとともに新しいメイキングドラマを考えるレオナとシオン。
扉越しに訊いていたあろまたち。
あたらしいメイキングドラマとな。とあろま。
みかんやガァルルとともに妨害を実行。
しかしシオンが竹刀を振りかざしたので退却。
そこにかけてきたらぁらたちにつかまる。
どうしてそんなことをするの。とらぁら。
めっだよ。とそふぃにいわれてうなだれるガァルル。
がるぅ。と。
そこにユニコンがミニファルルたちをつれて激励にやってくる。
ガァルマゲドンがんばれと励まされるガァルル。
そこにめが姉ぇが応援メッセージの入ったUSBメモリーを持ってくる。
メモリーを差し込んだモニターに映ったのはあんことみるくとケロ。
あんこたちの激励のメッセージを受けてまじめに新メイキングドラマを考え始めるあろまたち。
ガァルルが描いたガジラの絵の頭の部分に鉛筆が転がったのを見るあろま。
角。そうである。と思いつく。
そのころ夕方になっても新メイキングドラマの構想を思いつかないシオン・ドロシー・レオナ。
そして翌日。開催されるトーナメント戦。
くじ引きで最初にステージに上がったのはガァルマゲドン。
ネコの紹介メッセージに続いて歌と踊りを開始。
鉛筆の角をはやして進化したシン・ガジラが周囲を落書きして暴れるメイキングドラマを披露。
スーパーサイリウムチェンジも決めて大歓声を浴びる。
おどろくシオン・ドロシー・レオナ。たち。
あきらめるなうさ。とウサギに激励されてステージに。
ウサギの紹介に続いて歌と踊りを開始。
パワーアップしたシン・ヒーローに変身してシン・ガジラを退治するメイキングドラマを披露。
スーパーサイリウムチェンジも成功させて大歓声を浴びる。
そして観客のいいねの判定でわずかな差でドレッシングパフェが勝利。
しかし神コーデが封印された石像に入ったひびはわずか。
われわれではまだ神アイドルにとどかぬか。とシオン。
そのころ会場をあとにするあろま・みかん・ガァルル・ネコ。
新たなスタートを決意するお話。
ドレッシングパフェが底力を見せて一回戦を突破する筋書き。順当な展開ながらたのしめました。

次回はトリコロールとうっちゃりビッグバンズの対決。

あにてれプリパラ ホームページ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Bunsui

Author:Bunsui
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ライブオン主題歌
ねぎぼうずのあさたろう主題歌
DVD1巻
DVD2巻
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
買い物なら